不動産バブル崩壊?首都圏マンション契約率50%割れの衝撃

公開日: 更新日:

「初月契約率は49.4%と1991年8月(49.7%)以来の50%割れに」――不動産経済研究所が1月に発表した昨年12月の首都圏マンションの市場動向。バブル崩壊以来、27年ぶりの低さに、業界関係者は一様に衝撃を受けたという。

 マンション市場の好不調の目安は70%とされ、それを大幅に下回る数字だった。

 楽観的な意見では、不動産バブルは2020年の東京五輪までは続くとされてきたが、かなり怪しくなってきたのかもしれない。

「先日、今年1月の市場動向が発表され、契約率は67.5%と持ち直しました。12月の数字が悪かったのは、大手不動産会社による大量供給が原因かと思います」(不動産コンサルタントの長嶋修氏=さくら事務所会長)

 具体的には住友不動産が大量の物件を売りに出した結果だが、それを単純に安心できない数字もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る