生方正
著者のコラム一覧
生方正元自衛官

1970年、群馬県生まれ。高校卒業後、一般海曹候補学生として海上自衛隊に入隊。46歳で除隊。現在は明治大学サービス創新研究所客員研究員。著書に「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」(あさ出版)がある。

財布には常に1000円札と100円玉が2枚ずつで計2200円の意味

公開日: 更新日:

 生方さんは、46歳で自衛隊をアーリーリタイア。現在は人生の時間を楽しむために使っている。

「自衛隊では尉官クラスの定年退職は54歳です。退職金や若年給付金を考えたら、定年まで勤め上げた方が金銭的にはプラスだったと思います。しかし、今は好きなだけ読書や映画観賞ができ、アーリーリタイアして本当によかったと感じています。来年には世界一周旅行も計画しています。その分の航空マイルは貯まっていますし」

 生方さんが早期退職を考えたのは、イージス艦に乗ってインド洋給油支援を行っていた時。約半年の派遣活動で時間の大切さに気付いたという。

「『節約=かっこ悪い、面倒くさい』ではなく、私からしたら『節約=無駄なところにお金を投資しない』です。パーキンソンの法則で支出の額は収入の額に達するまで膨張するというのがありますが、年収500万円の人が年収1000万円になっても、支出が1000万円になったらお金は貯まりません。いかに500万円の生活を維持できるかがカギです。同じ区間を電車移動するのが多い人は10枚分の値段で11枚の切符が買える回数券を買うのが常識ですが、さらにこの回数券をSuicaで購入することでポイントを貯めるというのが重要なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る