新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家・マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

「新料金プラン」到来目前 買い替えならiPhone8以降が正解

公開日: 更新日:

 政府は3月、携帯電話の通信料金を引き下げることを促す「電気通信事業法改正案」を閣議決定した。これを受け携帯各社は、料金プランの見直しを迫られている。

 NTTドコモは、4月から6月中に「2割から4割程度」値下げとなる新料金プランの導入を予定している。他の携帯各社もドコモに追随し、4月以降に新しい料金プランを提示する可能性が高い。改正案に盛り込まれている「携帯端末料金と通信契約のセット割引禁止」に従い、新料金プランでは、従来よりも「月額の通信料金が下がり、端末料金は上昇する」ことになると予想される。

 現在の機種をしばらく使い続けるつもりの人は新料金プランを待つばかりだが、一方、そろそろ端末を買い替えたいという人は、端末値上がり前に早めの買い替えを検討するとよい。

 スマホの寿命は4~5年。もし、そのくらい使用し続けているなら、買い替えがよいだろう。もし、いま買い替えるなら、お勧めの機種はiPhoneシリーズだと、iPhone XR、もしくはiPhone8がお得だ。iPhone XRは、iPhone XSの廉価モデルだが、特に高性能を望む人以外には十分なスペックだ。さらに安く抑えたい人にはiPhone8を推奨で、こちらも不満を感じない機能を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る