達人も民泊からチェンジ シェアハウスでお金を生む極意

公開日: 更新日:

「地方の空き家はインバウンド(訪日客)で息を吹き返す」(4日付参照)という話を、住宅ジャーナリストの榊淳司氏に聞いた。実際、榊氏の身近な知人が2軒の家をシェアハウスとして貸し出しているという。

「京都大学に近い家と、比叡山の麓にある家をシェアハウスにしていますが、毎年支払う固定資産税以上の収入があるそうです」

 シェアハウスは住居扱いで、民泊は宿泊施設扱いだが、民泊型シェアハウスも存在し、その線引きは曖昧だ。民泊の場合、住宅宿泊事業法(民泊新法)にのっとって運営しなくてはいけない。

 当初、一方の家を民泊にしていたが、それまで人がほとんど訪れないエリアに、突如として外国人が殺到。縁側で外国人女性が裸で寝ていたりしたため、近所からの苦情で民泊は半年でやめた。

「シェアハウスなら合法なので、2軒ともシェアハウスにして、運営や管理は業者に任せきりだそうです。今では2週間単位で外国人が滞在していると聞いています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  8. 7

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る