宅配便の料金「大手3社」を徹底比較 お得なのはどこだ?

公開日: 更新日:

 宅配便の料金体系は、宅配業者によって微妙に異なる。それぞれ特徴があるので下調べは大事。荷づくりのちょっとした差で大きく変わってくることもあるので要検討だ。

 まず把握したいのはサイズ区分。大手3社、日本郵便の「ゆうパック」、ヤマト運輸の「宅急便」、佐川急便の「飛脚宅配便」で調べてみた。いずれも縦・横・高さの長さの合計で分けているのは同じで、3辺計60センチまでが「60」サイズ、80センチまでが「80」サイズ、以降20刻みで大きくなるが、飛脚宅配便は「120」の設定はなく、「100」の次は「140」に。またゆうパックのみ「170」もある。

 サイズ区分は重量も関係してくる。宅急便と飛脚宅配便はサイズごとに上限が変わり、ともに60サイズは2キロまでで、80サイズは5キロまで。そして100サイズも140サイズも両者に違いはないが、最大160サイズについては、飛脚宅配便のほうが5キロ多く、30キロまで送ることができる。一方、ゆうパックは、全サイズ25キロまで。つまり小さくて重い荷物はゆうパックがお得といえる。また、170サイズまである点も差別化ポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る