宅配便の料金「大手3社」を徹底比較 お得なのはどこだ?

公開日: 更新日:

 宅配便の料金体系は、宅配業者によって微妙に異なる。それぞれ特徴があるので下調べは大事。荷づくりのちょっとした差で大きく変わってくることもあるので要検討だ。

 まず把握したいのはサイズ区分。大手3社、日本郵便の「ゆうパック」、ヤマト運輸の「宅急便」、佐川急便の「飛脚宅配便」で調べてみた。いずれも縦・横・高さの長さの合計で分けているのは同じで、3辺計60センチまでが「60」サイズ、80センチまでが「80」サイズ、以降20刻みで大きくなるが、飛脚宅配便は「120」の設定はなく、「100」の次は「140」に。またゆうパックのみ「170」もある。

 サイズ区分は重量も関係してくる。宅急便と飛脚宅配便はサイズごとに上限が変わり、ともに60サイズは2キロまでで、80サイズは5キロまで。そして100サイズも140サイズも両者に違いはないが、最大160サイズについては、飛脚宅配便のほうが5キロ多く、30キロまで送ることができる。一方、ゆうパックは、全サイズ25キロまで。つまり小さくて重い荷物はゆうパックがお得といえる。また、170サイズまである点も差別化ポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  10. 10

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

もっと見る