ガストやマックは食事券 “家計に優しい”6月株主優待5社

公開日: 更新日:

 もらってうれしい、使ってお得な“株主優待”。6月末に権利が確定する会社は結構あるが、節約の観点でいえば、食事券が期待できる外食系や、普段使いできる商品を揃えるメーカーなど、身近なところに目がいく。優待の権利が得られる最低投資金額(5月31日時点)とともに人気の銘柄をチェックしてみた。

 まずは使い勝手のいい優待食事券。すかいらーくホールディングス(HD)は、100株以上保有で、「ガスト」や「バーミヤン」などグループ各店で利用可能な3000円相当の株主優待カード(税込み価格から500円単位で割引)が1枚もらえる。スマートに携帯できるカードは便利。なにより身近なファミレスで使えるのがうれしい。さらに12月も権利確定月で、同じ優待が待っている。つまり年間合計6000円分。最低投資金額は約19万円なので、なかなかの利回りだ。もちろん、保有株式数に応じて、優待カードの金額はアップ。資金に余裕があればぜひ狙ってみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る