日本型雇用に限界も“本質を外れた改革”は労働者にしわ寄せ

公開日: 更新日:

 令和時代に入り、日本企業のあり方が大きな曲がり角に来ていることが問われている。

 4月22日、経団連と大学側は「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」で、「従来の新卒一括採用・終身雇用制度の限界が顕在化している」ことを指摘。さらに、「これまでの新卒一括採用を重視した雇用形態のみでは、企業の持続可能な成長やわが国の発展は困難となる」とした上で、「経済社会が大転換を迎える中、学生の就職に対する意識も、時代の変化に合わせて大きく変えていくことが求められる」とする共同提言で合意した。

 経団連は昨年、企業の採用活動を定める「就活ルール」廃止を決定しているが、これに大学側も呼応した形だ。しかし、就活ルールの廃止、新卒一括採用の見直しは、それだけにとどまらない。新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった日本独自の雇用システムからの脱却を意図するものだからだ。中西宏明経団連会長は、終身雇用システムについてマスコミにこう述べている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る