小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

日本生命vsアフラック“かんぽ生命不正販売”対応で真っ二つ

公開日: 更新日:

 かんぽ生命に激震が走っている。新旧契約の重複加入による保険金の二重徴収や、顧客を一時的に無保険の状態に置くなど、これまでに9万件を超す契約で顧客に不利益を与えた可能性が発覚。7月10日には、日本郵便とかんぽ生命のトップが揃って記者会見し謝罪、当面の間(7~8月)は積極的な営業を自粛することを決めた。

 かんぽ生命で不適切販売が相次いで発覚したことを受け、日本生命は日本郵便に委託している保険商品を一時停止することを申し入れた。約1000の郵便局で販売している「変額年金保険」について、運用次第で受け取れる年金額が変動する価格変動リスクがある商品のため、販売に際してきめ細かい説明が求められるが、現状の体制では担保できないと判断した。

 一方、同じように日本郵便に保険商品の販売を委託しているアフラック生命は現状のまま販売を継続する方針。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  5. 5

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

  10. 10

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

もっと見る