FPが指南 アラフォー世代が今すぐにやるべき老後資金対策

公開日: 更新日:

 金融庁の報告書によると、今年65歳を迎える1954年度生まれの所得代替率(現役世代の手取り収入額と比較した受給年金額の割合)は59・7%だ。一方で、今年40歳(79年度生まれ)の人が年金を受け取る2044年度には50・6%まで落ちる。現役世代の収入の半分になるわけだ。日刊ゲンダイのアラフォー記者が定年後に不足する生活費は2000万円どころではない。さて、どうすればいいのか?

  ◇  ◇  ◇

 政府が投資を促し、何でもやらせようというのが狙いなのは一目瞭然だ。報告書には〈現役期であれば、長期・積立・分散投資による資産形成の検討を〉と書かれていて、例えば〈つみたてNISAは年間40万円までの積立投資について運用益が非課税であり〉〈iDeCoは一定の税優遇がある〉などと投資のメリットをつづっている。

 それもそのはずで、報告書作成に関わった「ワーキンググループ」メンバーは銀行証券関係者が揃う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る