業績好調「積水樹脂」は舗装塗料で国内シェア4割を誇る

公開日: 更新日:

 20年東京五輪の開幕まで1年を切り、さまざまな分野で対策が急ピッチで進んでいる。

 積水樹脂(4212)は屋外暑熱対策システムをパナソニックと共同開発。従来のミストと違って衣服や髪の毛がぬれにくいヒートアイランド対策製品として注目を集めている。

 スポーツ関連ではグラウンド用の人工芝なども手掛けるが、この会社が最も得意とするのは道路関連だ。道路のライン材や路面サイン、防音壁など交通安全には欠かせない製品群。舗装塗料の販売施工は国内4割のシェアを誇る。

 今期(20年3月期)の第1四半期は好調だった。デザイン性に優れた歩行者用防護柵や、めかくし塀、遮熱性舗装などが伸び、営業利益は前年同期比3%増の19億円で着地。ニッチ分野ではあるが、存在感を一段と高めている。

 20年3月期を最終年度とする4カ年の中期経営計画では、売上高1000億円、営業利益120億円が目標。国内の公共事業でロボットやセンサーを活用し、補修や保守の業務効率化も進めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る