山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

含み資産株「平和不動産」が秘める"第2のユニゾ"の可能性

公開日: 更新日:

 格安旅行のHISは先週末、不動産・ホテル運営のユニゾホールディングスの争奪戦から撤退すると表明した。これによりユニゾはホワイトナイト(白馬の騎士)として参入したソフトバンク系の投資ファンドが買収する可能性が高まった。

 ユニゾの争奪戦は他に米有力ヘッジファンドのエリオット、独立系投資顧問のいちごアセットマネジメントが参入。株価は1カ月余りで2倍以上に跳ね上がった。市場では「第2のユニゾ」を狙って、含み資産株を物色する動きが活発になってきた。

 含み益が大きい企業の敵対的TOB(株式公開買い付け)はこれまで失敗するケースが大半だった。しかし今回、HISは敵対的TOBに失敗したものの、保有する5%弱のユニゾ株をソフトバンク系ファンドに相当な高値で全株売却できる見通しだ。この成功を機に、今後、敵対的TOBが急増する可能性も出てきたといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る