小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

NSXは“オタク度”を誇るだけでなくビジネスでの勝利も願う

公開日: 更新日:

ホンダNSX

 先日小沢が評価に苦しむクルマの改良版にやっと乗ってきた。それは去年、デビュー後わずか2年でマジなマイナーチェンジを受けた国産スーパーカーの2代目ホンダNSXだ。デビューは2016年夏だが、デビュー時からこのクルマにはなぜかピンと来てない。

 それはクルマの出来うんぬん以前にビジネスとしてヤル気が感じられないからだ。作り手が作りたいから作った!というマスターベーション的な思いばかり感じられる。

 クルマの出来そのものは確かに頑張っている。全長ほぼ4.5mの本格的2人のりミッドシップカーで、バブル期に生まれた初代とは違い、本格的な作りが随所に見受けられる。骨格は製法の違う数種のアルミを使った軽量&高剛性のスペースフレームで外板にはアルミからカーボン、耐熱プラスティック素材まで使用。

 パワートレインも非常に凝っていて、ホンダ独自のパワーとエコと操縦性を両立した3モーターハイブリッド方式。新作の507psの3.5ℓV6ツインターボ&1モーターをリアミッドに搭載。同時に左右フロントタイヤに独立モーターをそれぞれ配して、結果システム出力は581ps!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る