銀行の信用創造を禁止に デジタル公共貨幣を考えるシンポ

公開日: 更新日:

 お金を稼いだり考えたりする本やSNSなどは人気のあるコンテンツ。お金という存在について今ほど関心をもたれている時代もないのではないだろう。

 しかし、そもそも「通貨」「貨幣」とは何か。地域通貨にデジタルな仮想通貨(暗号通貨)やフェイスブックのリブラのような企業通貨も発行されつつあり、国が独占的に扱ってきた通貨という存在も揺らぎつつある。

 そんななか、未来の貨幣制度という大きなテーマを考えるシンポジウムが都内で9月2日に開かれた。「第4回公共貨幣フォーラムシンポジウム 未来の貨幣制度とEPMトークン」だ。同フォーラムの主催で衆議院第一議員会館で開催され、100人近い参加があった。EPMとは電子公共貨幣のこと。いよいよ政治の中心・永田町でもこのような議題が議論される時代になってきたということか。与野党から複数の国会議員が出席、鳩山由紀夫元総理も参加していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る