小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ようやくマツダ3試乗 200km走り感じた“骨盤シート”の実力

公開日: 更新日:

マツダ3(メーカー希望小売価格 \2,221,389/税込~)

 今年5月に発表されて以来いまだマスコミ向け公道試乗会が行われてない謎のコンパクトカー、新型マツダ3にやっと一般道で乗ることができた。試乗会が出来ないのはよほどの人気か、あるいは独特デザインの量産化に予想外の時間がかかってるのか? などなどついゲスな想像してしまうが最大のキモは走り味だ。

 実はマツダ3、かつてアクセラと呼ばれていたモデルで、大胆な改名っぷりと共にかつてないクルマ作りの戦略チェンジにも注目が集まっている。

 それは以前レポートした既存のプレスラインを使わないボディパネル作りやリアシートやラゲッジの広さを優先しないパッケージング、そして最後に「骨盤を立てて歩くように走らせる」という不思議な新コンセプトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る