第3志望までの就職先に内定「72%」 売り手市場が鮮明に

公開日: 更新日:

 今月1日、NTTドコモなど一部の大手企業は、2020年春に入社する大学生らを対象にした内定式を開いた。就職情報大手マイナビによると、8月末時点で第3希望までの企業から内定を得た割合は、内定者全体の72・7%を占め、前年同期比で4・5ポイント上昇した。

 マイナビでは「学生が志望度の高い企業から内定を得る状況が続いている」と分析。売り手市場を反映し、意中の企業から内定を得る傾向が強まっているという。こうした中、各社は入社後の実際の仕事のイメージをつかんでもらうため、内定式に合わせさまざまな取り組みを実施した。

 製粉大手の昭和産業は、主力商品である天ぷら粉やオリーブオイルを用い、新妻一彦社長が自ら天ぷらの揚げ方のコツを伝授する体験型内定式を行った。約40人の内定者らを前に新妻社長は「当社の歴史を肌で感じ、和食の代表料理である天ぷらの伝道師になってもらいたい」と呼び掛けた。

 アサヒビールは、仕事内容や求められる技術についての資料を基に、内定者がグループごとに将来のビジョンを議論するセミナーを開いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る