新著「2人のカリスマ」江上剛氏に聞くセブン&アイHDの行方

公開日: 更新日:

 24時間営業の見直し、7payの大失敗など、世間を騒がし続けているセブン―イレブンが1000店の閉鎖・移転を柱とする事業構造改革案を打ち出した。コンビニというビジネスモデルが大きな転換期にさしかかっているのは間違いないが、セブンのお家騒動といえば、2016年が生々しい。中興の祖である鈴木敏文会長が主導した社長更迭人事が役員会で否決され、鈴木氏が辞任した一件である。裏ではイトーヨーカ堂の創業者、伊藤雅俊氏との確執が囁かれたものだが、このほど、鈴木氏、伊藤氏をモデルにした小説が出た。銀行出身の作家、江上剛さんの最新刊「二人のカリスマ」(日経BP)である。小説の中で伊藤氏は藤田俊雄、鈴木氏は大木将史の名前で登場。ダイエーの中内㓛とおぼしき人物は仲村力也、西武の堤清二は大館誠一という名前になっている。さて、どこまでフィクションなのか。どう読めばいいのか。江上さんに聞いてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る