中江滋樹
著者のコラム一覧
中江滋樹「投資ジャーナル」元会長

「投資ジャーナル」元会長。1954年、滋賀県近江八幡市生まれ。県立彦根東高校卒業。一時「兜町の風雲児」として注目されたが、1985年、7000人余りから580億円をだまし取ったとされる詐欺事件が発覚。首謀者として逮捕され、懲役6年の判決を受ける。その後、表舞台から姿を消し、一時死亡説も流れた。

田中角栄からは3000万円を突き返された

公開日: 更新日:

 東京に出てあっという間に億単位のお金を動かすまでになった田舎少年は、お大尽遊びも覚えた。赤坂の料亭「川崎」の常連となり、銀座の高級クラブをはしごする毎日だった。

「ボクは、カードを持っていないし、ツケ払いもしない。その場で現金で全部払っちゃう。だから銀座で遊ぶときは、紙袋に2000万~3000万円入れて遊んでいた。会社の部下を連れて5~6人で行くから、1軒で200万~300万円は使っていたと思う。仕事でずっと相場のことを考えているから精神を休めるためにも必要な時間だった」

「川崎」の常連になり、女将に可愛がられたことが、その後の中江に大きな影響を与える人物との出会いにつながっていく。

 写真誌にタレントの倉田まり子と中江のツーショット写真が掲載され、話題となったが、実はそれより前に「アサヒ芸能」が2人の交際をつかみ、記事の掲載直前にまでなっていたという。その情報を聞いた中江は何とか記事を止めてもらおうと奔走した。付き合いのある政治家に頼んでもうまくいかなかった。困り果てて、「川崎」の女将に相談すると、女将が三浦甲子二さんを店に呼んでくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る