中江滋樹
著者のコラム一覧
中江滋樹「投資ジャーナル」元会長

「投資ジャーナル」元会長。1954年、滋賀県近江八幡市生まれ。県立彦根東高校卒業。一時「兜町の風雲児」として注目されたが、1985年、7000人余りから580億円をだまし取ったとされる詐欺事件が発覚。首謀者として逮捕され、懲役6年の判決を受ける。その後、表舞台から姿を消し、一時死亡説も流れた。

人生を決めた「ジャパンライン」相場 学生服姿で株主総会へ

公開日: 更新日:

 ニクソン・ショック後の輸出関連株の高騰を「二番天井」と読み間違えた中江。高校生らしからぬ大胆なカラ売りを断行して数百万円の損失を被った。

 父親から“死ぬなよ”と言われるほどのショックを受けたが、すぐに立ち直る機会がやってきた。「ジャパンライン」(商船三井)相場だ。

「当時の船会社は軒並み株価が停滞していた。そんな中でジャパンラインがストップ高の50円を示した。“これはなんかある”とピンときた。それでカラ売りしていた資金も引き揚げて、すべてジャパンラインにつぎ込んだ。この時は知り合いの人たちにも、証券マンだった親父のお客さんにも“買え”って勧めた」

 原因は、三光汽船の株買い占めによるジャパンライン乗っ取り。50円の株価が300円になり、中江は20万株まで買い続け、大きな儲けを手にしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る