スペイシー 内田圭祐社長<1>会議室の格安シェアリング

公開日: 更新日:

 筆者のようなフリーランスが、個人取材や、空いた時間に仕事をしようと思えば、利用するのはもっぱら喫茶店だ。しかし、混雑していると取材がやりにくい。テープを起こすと、BGMや周囲の話し声も拾ってしまうので、聞き取りづらいという難点もある。

 筆者のみならず、多くのビジネスマンたちの潜在ニーズに応える形で登場したのが、スペイシーの貸会議室だ。

 以前から、貸会議室は存在していたが、多くは大人数向けであり、利用料も1時間3000円くらいかかる。スペイシーの強みは、多くの物件が収容人数8人以下の小スペースであり、1時間500円~と、喫茶店と変わらない手軽さで利用できることにある。内田圭祐社長(39)が起業家として事業に取り組む際に、自身が不便に感じていた経験から思いついたアイデアだった。

 内田が起業家の道を歩むようになった原点は、アフリカでショッキングな体験をしたという大学時代にさかのぼる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る