山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

親子上場関連「東京エレクトロンデバイス」増額修正が濃厚

公開日: 更新日:

 今週は半導体関連の出遅れとして、東京エレクトロンデバイス(2760)に注目したい。

 夏以降の上昇相場を引っ張ってきた半導体関連株は、アドバンテストや信越化学、安川電機などの主力株が総じて調整局面に入った。その一方で、2番手以下の中小型株や周辺銘柄は水準訂正が続く銘柄が少なくない。半導体商社はその代表で、1株純資産(解散価値)を大幅に割り込むなど割安な水準に放置されている銘柄が多いのも特徴だ。

 東エレデバイスは、半導体製造装置世界3位の東京エレクトロンの祖業である半導体商社部門が独立する形で発足。東エレ自身は、同社が上場する前に商社ポストから電気機器ポストに移っている。

 やや古い話になるが、2013年9月に半導体製造装置世界トップの米アプライドマテリアルと3位の東エレは経営統合で合意した。その直後の14年、それまで55・4%の株式を保有していた東エレが連結外しを目的として、東エレデバイス株を売却。持ち株比率は33・8%まで下がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る