藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之株式評論家

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

年末相場で急騰しそうな管理職向けコンサルの「識学」

公開日: 更新日:

 NYダウは史上最高値を更新し、東京株式市場も高値圏でのもちあいが続いています。さすがに、大きく値を上げてきたので、一気に上値を追うのは難しそうです。その中で、東証マザーズ指数が急反発を見せています。12月10日から年末にかけて20社の新規上場がありますが、それまでは、12月2日に1銘柄が上場するだけです。

 12月10日以降は、新規上場銘柄に投資家の注目が集まりそうですが、今週、来週は既存の東証マザーズ銘柄の上昇相場が期待できそうです。

 今回ご紹介するのは、今年2月に東証マザーズに上場した識学(7049=投資金額約17万円)です。識学は、「成果の上がる組織をつくる」理論です。

 マンツーマンの経営者・管理職向け「マネジメント研修」を3カ月間、全12回受けると、平均して3カ月ほどで「売り上げ向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がるそうです。すでに1000社以上の企業が導入、その多くの企業の業績が改善しているのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る