かんぽ不正販売問題 日本郵政グループ3社長が辞任表明

公開日: 更新日:

 かんぽ生命の不正販売問題で、日本郵政グループの社長3人が経営責任を取り、27日に辞任を表明することが分かった。25日のJNNニュースが報じた。

 引責辞任するのは、同グループの持ち株会社である日本郵政の長門正貢社長、日本郵便の横山邦男社長、かんぽ生命の植平光彦社長の3人。不正問題で、27日に総務省と金融庁による処分が決まるのを受け、同日に会見を開き、辞任を表明するという。

 長門社長の後任には増田寛也元総務大臣が就任する見通しで、残る2人の後任は内部昇格を軸に調整されている。

 この問題をめぐっては先週、総務省の鈴木茂樹事務次官が、行政処分の検討内容を同省OBである鈴木康雄日本郵政上級副社長に漏らしていたことが発覚。NHKのかんぽ報道に圧力をかけた疑惑もある鈴木副社長の去就が次の焦点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る