鈴木康雄・日本郵政上級副社長 処分情報漏洩での責任否定

公開日: 更新日:

 往生際の悪いヤツだ。かんぽ生命への行政処分の情報を総務省の鈴木茂樹前事務次官から聞き出したとして、辞任する予定の日本郵政の鈴木康雄上級副社長が26日の公明党の総務部会に出席。「処分の日程を聞いただけで、処分内容を教えてくれとは頼んでいない」などと述べ、自らの責任を否定したという。27日の毎日新聞が報じた。

 一方、日本郵政グループは、社長が揃って辞任するグループ3社の後任人事を固めた。日本郵政社長に増田寛也元総務相(68)、かんぽ生命社長に同社の千田哲也副社長(59)、日本郵便社長に日本郵政の衣川和秀専務執行役(62)が就く方向だ。きょうの日本郵政指名委員会や各社取締役会で正式決定する。

 千田氏と衣川氏はともに旧郵政省出身。増田氏は旧建設省出身で、3社の社長はすべて官僚出身者となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  9. 9

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る