牛肉、赤ワインの値引き合戦 日米貿易協定発効で熱帯びる

公開日: 更新日:

 1日付で日米貿易協定が発効し、大手スーパーでは関税が引き下げられた牛肉やワインなどの値下げセールが始まった。買い求めやすい価格になり、消費者には朗報だ。スーパー各社は消費増税で落ち込んだ売り上げを盛り返そうと、客への還元をアピール。商戦は熱を帯びている。

 イトーヨーカ堂は、8日から全国の約130店舗で6日間限定の還元セールを始めた。「アンガスビーフ肩ロースステーキ用」は100グラム当たり192円で昨年末に比べ1割超値下げ。オレンジなどを含めた8商品を1~2割引き下げた。イオンリテールも、9日から米国産牛肉の一部商品で1割値下げ。キウイフルーツなどの特売も行っている。

 輸入品を多く並べる成城石井は、10日から米国産ワインやナッツ類のセールを開催。買い物客からは「安くなったので大きいステーキが食べられる」と歓迎する声が上がった。

 スーパー各社は、関税引き下げを消費者取り込みにつなげたい一方、値引き競争による消耗戦を警戒する。関東地方で約100店を展開するスーパーの幹部は「値下げ合戦には参加したくない」と本音を漏らす。米国産牛肉は従来低価格で利益が薄く、当面様子見の方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る