牛肉、赤ワインの値引き合戦 日米貿易協定発効で熱帯びる

公開日: 更新日:

 1日付で日米貿易協定が発効し、大手スーパーでは関税が引き下げられた牛肉やワインなどの値下げセールが始まった。買い求めやすい価格になり、消費者には朗報だ。スーパー各社は消費増税で落ち込んだ売り上げを盛り返そうと、客への還元をアピール。商戦は熱を帯びている。

 イトーヨーカ堂は、8日から全国の約130店舗で6日間限定の還元セールを始めた。「アンガスビーフ肩ロースステーキ用」は100グラム当たり192円で昨年末に比べ1割超値下げ。オレンジなどを含めた8商品を1~2割引き下げた。イオンリテールも、9日から米国産牛肉の一部商品で1割値下げ。キウイフルーツなどの特売も行っている。

 輸入品を多く並べる成城石井は、10日から米国産ワインやナッツ類のセールを開催。買い物客からは「安くなったので大きいステーキが食べられる」と歓迎する声が上がった。

 スーパー各社は、関税引き下げを消費者取り込みにつなげたい一方、値引き競争による消耗戦を警戒する。関東地方で約100店を展開するスーパーの幹部は「値下げ合戦には参加したくない」と本音を漏らす。米国産牛肉は従来低価格で利益が薄く、当面様子見の方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

もっと見る