たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

大発会の暴落の中で8%高「明星電気」はさらに上昇か?

公開日: 更新日:

 昨年11月初旬に、このコラムで紹介した明星電気(6709)。株価は昨年末までで3割以上上昇していたが、今年の大発会(6日)に日経平均が約2%下落する中で、一時8.5%上昇した。暴落相場の中での急伸は、今後の株価を示唆する可能性が高いだろう。

 昨年、日本は台風15号、台風19号などで深刻な水害に見舞われた。残念ながら異常気象は続いている。例えば記録的な暖冬と言われた一昨年12月の白馬の降雪量は59センチに対し、先月はわずか5センチ、湯沢は一昨年12月の239センチに対し35センチと、記録的な雪の少なさに観光地では悲鳴が上がっている。

 異常気象は解消しておらず、今年も水害の可能性を考えざるを得ないであろう。

 京都大学の川北英隆教授によれば、1900年7月21日から8月10日までの東京の最高気温の平均値は29度前後であったが、昨年は32度台へ上昇していた。東京の1時間降水量の月最高を5年間の移動平均にすると、9月・10月とも、2000年以降、明確に右肩上がりとなり、短時間に激しい雨が降る傾向が読み取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る