たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

大幅増益の「英和」 動いてなかったぶん上値は大きい?

公開日: 更新日:

 兜町の生き字引いわく、「長年停滞していた銘柄が急上昇すると、シコリが無い分だけ変動は大きく、バリュエーションが低位で大幅増益だと、上値は予想外に大きくなる」

 東証2部上場の英和(2395)。計測・制御機器中心の技術専門商社で、大企業の固定客が多く、経営基盤が安定しており、組立・製造子会社も所有し、メーカーとしての側面も有している。

 今期(20年3月期)の上半期は、当初0.6%増収、5.3%増益(営業利益)を予想していたが、終わってみると売上高169億円(4.1%増)、営業利益6.48億円(41.6%増)、純利益4.44億円(42.2%増)、EPS(1株当たり利益)70.30円となった。

 通期は米中貿易摩擦や英国のEU離脱など不透明要因への懸念と、消費増税による機器販売の前倒しがあった事もあり、期初予想を変更せず、売上高1.6%増、営業利益2.0%増、EPS158円としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る