主婦が発明の5WAYバッグ 誕生から大人気までの紆余曲折

公開日: 更新日:

「COAROO(コアルー)」代表取締役 池成姫さん

 1つのバッグでショルダーやリュック、前抱えなど5通りの使い分けができる便利なバッグ「コアルーバッグ」。口コミで広がり、育児中のママや営業マンらに評判だ。「コアルー」とは、コアラが子どもをおんぶする姿と、カンガルーがお腹の袋で子どもを育てる様子から、それぞれをかけ合わせた造語。特許も取得している、れっきとした発明品だ。

 生みの親は吉祥寺で同バッグの専門店を営む池成姫さん。韓国出身で、1992年に来日。2年間日本語学校で学び、その後、早稲田大学に入学。卒業後は出版社に就職し、日本人と結婚。2児の子どもに恵まれ、そのまま普通の主婦になるはずが、なぜ発明家、そして社長になったのか?

「とにかく夫が仕事で忙しく、義理の両親も高齢。私の両親も韓国にいましたので、1歳半離れた2人の子どもの世話は全部自分がやらなければなりませんでした。さらに家で特許の翻訳の仕事もしていましたので、目が回る忙しさでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る