WADA処分にプーチン激怒 ロシアが仕掛ける“東京五輪潰し”

公開日: 更新日:

 都心が大混乱に陥るかもしれない。

 世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシアのドーピング不正に絡む検査データ改ざん問題で、ロシア選手団を来年の東京五輪や2022年サッカーW杯、各競技の世界選手権など主要大会から4年間除外する厳しい処分を決めた。潔白を証明した選手には個人資格での出場を認める。

 この厳罰にロシアのプーチン大統領は激怒。

「決定は五輪憲章違反だ。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に申し立てるあらゆる根拠がある」と、政治的動機によるものと反発。「処罰は集団的な性格を帯びたり、違反と関係ない人に拡大して適用されたりすることがあってはならない」と述べた。

 ロシアの国家ぐるみによるドーピング実態についてはこれまで詳細に報じられてきた。同国の反ドーピング機関が検査予定日を事前に漏らしたり、検体のすり替え、検査結果の改ざんなど、その腐敗ぶりに世界は衝撃を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る