WADA処分にプーチン激怒 ロシアが仕掛ける“東京五輪潰し”

公開日: 更新日:

 都心が大混乱に陥るかもしれない。

 世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシアのドーピング不正に絡む検査データ改ざん問題で、ロシア選手団を来年の東京五輪や2022年サッカーW杯、各競技の世界選手権など主要大会から4年間除外する厳しい処分を決めた。潔白を証明した選手には個人資格での出場を認める。

 この厳罰にロシアのプーチン大統領は激怒。

「決定は五輪憲章違反だ。スポーツ仲裁裁判所(CAS)に申し立てるあらゆる根拠がある」と、政治的動機によるものと反発。「処罰は集団的な性格を帯びたり、違反と関係ない人に拡大して適用されたりすることがあってはならない」と述べた。

 ロシアの国家ぐるみによるドーピング実態についてはこれまで詳細に報じられてきた。同国の反ドーピング機関が検査予定日を事前に漏らしたり、検体のすり替え、検査結果の改ざんなど、その腐敗ぶりに世界は衝撃を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  2. 2

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  3. 3

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  9. 9

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  10. 10

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る