駐車場、家事、投資…シェアリング経済はどこまで広がる?

公開日: 更新日:

 消費税引き上げ、世界経済の減速など経済環境の厳しさが増すなか、消費者行動は「所有」から「利用」へと大きく変わりつつある。ネット社会の進展でSNSを通じて個人や企業が所有する資産を必要とする人に提供する、シェア経済市場が急拡大してきているのだ。

 内閣府が2018年7月に初めて試算したシェア経済全体の規模は、16年で約4700億円から5250億円。シェアリングサービスはモノ、空間、スキル、移動、お金といった5つの分野で提供される。このうちモノが6割と圧倒的シェアを持つ。

 経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」(2018年度)では、モノのシェアの代表であるフリマアプリ市場は、16年の3052億円から18年は6392億円と2倍以上に膨らんでいるのである。

 ホンダは1月28日、最短1カ月から最長11カ月まで利用できる月額定額モビリティーサービス「ホンダマンスリーオーナー」を埼玉県内の同社認定中古車販売店、ユーセレクト城北で開始した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る