東大発ベンチャー社長が手掛ける電力版メルカリ秘話<前>

公開日: 更新日:

豊田祐介さん(デジタルグリッド社長)=前編

 電力自由化から約4年。日本の電気を取り巻く環境は変わりつつある。

■気に入った価格の電気をネット上で買える時代に

 東京・丸の内に本社がある電力系ベンチャー企業「デジタルグリッド」は、今年2月から始めた〈電気をネット上で売買できるプラットフォームサービス〉が注目を集めている。売り手と買い手が希望の量や価格を入札し合い、折り合いのついた価格と量で個別に取引する仕組みは、メルカリなどのフリマアプリのよう。今は企業向けだが、いずれは、自宅の屋根の太陽光パネルでつくった電気を、服やアクセサリーのように欲しい人に気軽に売買できる日が来るかもしれないのだ。

 そんな画期的な事業を手掛ける青年社長の豊田祐介さんは東大出身。祖父は元野村証券副社長で〈証券営業の神様〉と呼ばれた故・豊田善一氏、父はソニーのエンジニアと聞けば、順風満帆なエリート人生を歩んできたのだろうと思いきや……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る