日経平均1万8000円台も…市場が身構えるソフトB・ショック

公開日: 更新日:

“決算ウイーク”は週末の15日(金)にピークを迎える。

 2020年3月期の決算発表は新型コロナの影響でネット会見が増えたものの、順調に公表されてきた。今週12日(火)にはトヨタ自動車やホンダなど約260社が発表し、13日は約380社、14日は500社を超え、15日は約560社が予定される。

「トヨタ自動車は今期(21年3月期)の営業利益予想を前期比で8割近く減少するとしました。かなり厳しい数字ですが、市場は大手企業の減益をある程度、織り込んでいました。いわば想定内の減益予想というわけです。決算発表直後にトヨタ株は少し値を下げましたが、市場全体へのインパクトは少なかったといえます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 この日、日経平均は前日比24円安の2万366円と2万円台をキープして引けた。日本を代表するトップ企業の決算を受けても、相場は動じなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る