インパクト投資で社会貢献とリターンを両立…注意点は?

公開日: 更新日:

SDGsとお金編(9)

 社会貢献と投資リターンを両立できる「インパクト投資」が広がっている。なかでも、クラウドファンディングを利用したインパクト投資は、少額から参加できるのが魅力だ。たとえば、ミュージックセキュリティーズが2019年8月に募集した「LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1」には、3カ月間で約4000万円の資金が集まった。1口3万1500円で手数料1500円を除いた3万円が出資金となる。

 集まった資金はミャンマーのマイクロファイナンス機関を通じて現地の女性零細事業者らに融資される。期間は3年で投資家には毎年分配金が支払われ、満期時には元本が戻ってくる。投資額に対する償還率は117・5%で、年平均利回りは5・8%だ。現地スタディーツアーに参加できるなど、クラウドファンディングらしい特典もある。

 クラウドクレジット社は、複数の案件に分散投資できるインパクト投資を扱っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る