小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

センチュリーに罪はない!知事公用車問題で言いたいこと

公開日: 更新日:

国宝のようなセダンなのだ

 予想外に盛り上がった兵庫県知事のセンリュリー公用車問題。筆者も2つの大手メディアから取材を受けたが、みなさんに一番誤解して欲しくないことがある。それはトヨタ・センチュリーには決して罪はないということだ。

 短絡的な人は、センチュリーが不当に贅沢なクルマで浪費の象徴、ダメ政治家が乗るクルマの代表格だと勘違いするかもしれないが、全くの逆なのだ。

 車両価格は1996万円と決して安くはないが、同様のショーファードリブン(運転手付き高級車)、イギリスのロールスロイス・ファントムは5500万円以上するし、メルセデス・マイバッハも約2400万円。その上センチュリーのマーケットは基本日本国内に限られ、販売目標は月わずか50台とほぼ利益度外視。

 日本の皇族や大企業VIPのためだけに作られる公用車であり、日本人が日本人のために作る国宝のようなセダンなのだ。

高速での静かさは世界一

 作りも本当に凄い。クルマのベースは、信頼性やエンジンの質を考え、あえて旧型レクサスLS600hのロングホイールベース仕様をチョイス。パワートレインは5ℓV8エンジン+電気モーターのハイブリッドで、システム出力431psと強大。

 それでいつつ発進の滑らかさと静粛性はLS以上に気を使っており、おそらく街中、高速での静かさは世界一。ロールスロイスを超えているかもしれない。燃費も凄くて車重2.3トンでJC08モード13.6 km/ℓは驚異的だ。

 また乗り心地を良くするために四輪駆動だったLSの足回りをわざわざ二輪駆動にしてフロントに別体エアチャンバー装着。タイヤも専用開発で、運転中に後席で新聞が読めるのはもちろん、メールを打てるように改良。

 グリル中央の鳳凰エンブレムは職人が約1カ月半かけて手彫りした金型から作られ、ドアノブはタッチの良い亜鉛の無垢材でインパネの本木目パネルも同様に無垢のタモ材だ。

自国トップやVIPが自国の高級車に乗れる国は少ない

 面白いのは、皇族を想定して後席からの「お手ふり」の見映えやボディへの映り込みも考慮してることで、後席窓枠にアルミプレートを配して額縁のように見せているし、塗装は5層でレクサスLSでも1回しかやらない職人の手作業による水とぎ工程を3回も行い、反射の美しさを確保。ここまで繊細で奥ゆかしい高級車を筆者は見たことがない。

 なにより、平和な日本人は忘れがちだが、自国トップやVIPが自国産高級車に乗れる国は実は少ない。ぶっちゃけアメリカ、ドイツ、日本と後はフランスやイタリアぐらいで、他は仕方なく他国産高級車に乗っているのだ。天皇皇后両陛下がセンチュリー・オープンに乗ってパレードできる幸せをぜひ噛みしめて欲しい。

 あれがメルセデスやロールスロイスになっても、貴方は残念に思わないのだろうかと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る