小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

もしやマツダマニア以外も欲しくなるマツダ車MXー30って?

公開日: 更新日:

マツダMX-30(車両価格¥2,420,000/税込み~)

 ひさびさユニークと言うか、一体誰が乗るの? どこ狙ってんの? という新型SUVが登場した。

 マツダMXー30。名前だけではかなりのマツダファンしかピンと来ないと思うが、要は「新しい価値の創造と提供に挑戦した」クルマだ。

 不思議な点は多く、全長×全幅は現行SUVのCXー30と全く同じ。具体的には4395×1795mmで全高のみCX-30より10mm高い1550mm。それだけ聞くと無駄な車種追加である気もするが、アッパーボディーはもちろん、フロアもフレームの通し方以外はCX-30とは全く違うという。

クルマ業界以外からも好まれそう

 何より驚くのはデザインで、マツダらしい端正さこそ持ってるが、フロントに恒例のシルバーのシグネチャーウィングはないし、ボディー全体から漂ってくるエレガントな抑揚感もない。フロントはマツダらしい五角形グリルだが、ほとんどメッキ加飾はなく、ボディーはいままでにない塊感がキモ。

 ところがオシャレじゃないかっていえば、全く逆だ。独自の3トーンのボディーカラーは斬新だし、イマドキ珍しい観音開きドア(マツダはフリースタイルドアと呼ぶ)は両側を開け放つと他にない開放感があってオシャレ。インテリアのマテリアル使いも特徴的で、クルマ界では珍しいタッチの良いコルク材やフェルト風生地、光沢生地なども使われている。良いモノ感はなかなかのもの。

 つまり、ティピカルなクルママニアが好むリッチな本革表皮やウッドパネルは使ってないが、インテリア好きやアート系女子などが好みそうな、斬新マテリアルや配色がちらほら備わり、クルマ業界以外のオシャレな人達からも好まれそうなのだ。

新感覚SUV投入の目的は2つ

 パワートレイン戦略も独特で、国内はマツダでは珍しいマイルドハイブリッドシステムから発売。156ps&199Nmの2ℓガソリンに6.9ps&49Nmのスタータージェネレーターを組み合わせている。

 そのほか去年の東京モーターショーで発表済みの、35.5kWhのリチウムイオン電池を搭載するピュアEV版も用意され、来年1月から国内販売もする予定。

 まさに世界で最も受けるコンパクトクラスに投入された新感覚のSUVで、おそらく目的は2つある。今急速に厳しくなる欧州でのCO2排出規制に対応し、特に現地でピュアEV版のMXー30を売りたいのと、今までにないマツダテイストの創造だ。

 2012年デビューの初代CXー5から始まった現マツダラインナップ。エレガントなエクステリアや独自ディーゼルエンジンを始め、今も高い人気を保っているが、デザインは一本調子だし、「最近のマツダは似すぎている」という声もある。もちろんドイツプレミアムも同様の戦略だが、ことマツダは大衆ブランドだけに飽きられやすいのかもしれない。

 そんな中での新しいトライがMX-30なのだ。開発テーマは「自分らしく生きる」。果たしてマツダに興味のない一般客、クルママニアではないものの、アートにウルサい客をいかに取り込めるか。そこが勝負なのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る