コロナ禍でフードトラック大打撃 新たな販路と意外な商材

公開日: 更新日:

「ここ最近増えているのが飲食店を経営されている方からの開業相談で、9月は3月に比べて8倍ほどに増えています」

 こう話すのは、フードトラックの運営支援を行うモビリティービジネスプラットフォーム企業、Mellowの小関真裕美さん。

 ランチタイムにさまざまな料理を提供するフードトラック。Mellowに登録するフードトラックは970台。首都圏を中心に関西、福岡の365カ所に展開し、現在、そのうち9割がオフィスビルの空きスペースで商売を行っている。フードトラックごとに特色ある料理が魅力で人気を集めていたが、新型コロナによる在宅勤務の影響で当然、フードトラックビジネスも打撃を受けた。

「コロナの影響で最も下がったのが5月で、売り上げは下がりましたが、4月以降、マンションなどの住宅街を開拓し、前年同月比約60%減ほどでとどまりました。ここ最近は70%程度まで復調しつつあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る