増える活用困難「空き家」に地域交流の場としての可能性

公開日: 更新日:

「最近になって、空き家処分の相談がさらに増えている状態です」

 こう話すのは、空き家物件の売買などを手がける不動産会社リライト(横浜市)社長の田中裕治さん。これまで依頼のあった日本各地の空き家を1円などの超格安価格で売り出すほか、自社で買い取り「家賃0円」で貸し出したり、ボランティア的に空き家活用を推進してきた日本でも珍しい不動産会社だが、販売や貸し出しだけでは、空き家の活用は限界が来るという。

「空き家は地方だけの問題ではありません。東京や横浜でも空き家が増えていて、今回、そのうちの一つを地域交流の場所として活用しようと試みているところです」(田中さん)

 JR京浜東北線、新子安駅から13分ほど歩いた高台の住宅地。40平方メートルほどの土地に立つ築50年オーバーの2階建てが、地元交流の拠点として運営を目指している物件だ。横浜市内にあるが、借地権の上に車が進入できない道路に面しているなど所有者が処分に困っていたところ、田中さんに声がかかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る