遊覧フライトが人気 GoTo適用1万5900円~、修学旅行代替も

公開日: 更新日:

 静岡市の航空会社フジドリームエアラインズ(FDA)の遊覧フライトが人気を集めている。新型コロナウイルス感染症の打撃を受けて運休している航空機材を活用。修学旅行の代替企画などに加え、9月以降は遊覧チケットの完売が相次ぎ、FDAは来年3月末までのサービスの延長を検討している。

 神戸空港では7日、定員76人の小型機を使った「夕空遊覧フライト」に夫婦やカップルなど56人が搭乗。検温やマスクの着用など感染防止対策を徹底した上で、乗客は瀬戸内海に沿って飛び、広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」付近で折り返す約1時間の空の旅を楽しんだ。政府の観光支援策「Go To トラベル」適用後の料金は1万5900円から。

 FDAは10月末にも神戸空港発着で通常より低い高度から関西の夜景が一望できる遊覧フライトを実施。名古屋空港発着では修学旅行で東京などに行く計画を変更した岐阜県の中学生らが地元を空から眺めたほか、静岡空港から富士山上空を周遊するプランも好評という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る