タカラトミー×バンダイナムコ“巣ごもり”特需の2社を比較

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍で在宅時間が増加した影響でしょうか。タカラトミーの人気玩具「プラレール」が売れているようです。昨年のクリスマスシーズンもネット通販を中心に売れ行き好調でした。

 子供から大人まで話題を集めているのは「鬼滅の刃」。映画は興行収入が歴代トップの357億円を突破しています。昨年発売のバンダイナムコHDの「鬼滅の刃 ウエハース」は売り切れ続出でした。

 今回は玩具メーカー大手の「タカラトミー」と「バンダイナムコHD」の社員待遇を比較してみます。

 タカラトミーは2006年にタカラとトミーが合併して誕生しました。「トミカ」「リカちゃん」「黒ひげ危機一髪」などの商品を発売しています。

 バンダイナムコは05年9月にバンダイとナムコが経営統合し設立されました。フィギュアやカプセルトイ(いわゆるガチャガチャ)などのトイホビー事業や娯楽施設の運営、映像音楽プロデュースなどを手掛けます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る