新日本プロレス ハロルド・ジョージ・メイ前社長<1>大好きだったザ・デストロイヤーの4の地固め

公開日: 更新日:

 当時のオランダは日本の情報も少なく、父親はほとんど日本語を話せなかった。周囲の人はみな日本行きを反対したという。

「それでも父親は、リスクを取らなければ大きな成果は得られないと実行した。すごい度胸だったと思います」

■日本語が分からず苦労した少年時代

 メイ少年も、来日当初はオランダ語しか読み書きできなかった。通っていた横浜のインターナショナルスクールでは英語が分からない。街に出れば日本語もさっぱり。

「駅や道路の表示も、今とは違いローマ字や英語表示はほとんどありません。子どもなりにプレッシャーを感じました」

 そんな中、衝撃を受けたのが、日本のテレビ番組だった。

「オランダではチャンネルが2つくらいしかなかったのに、日本は民放だけでもいくつもある。子ども向けの番組がたくさん放映されていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る