コミュニケーションデザイン 玉木剛社長<1>日本に“違和感”

公開日: 更新日:

 コミュニケーションデザインは、マーケティングPRやブランディングの戦略パートナーとして企業や専門家をサポートするPR会社だ。2003年の設立から、これまで300社以上の中堅・大手・外資系企業や、100人以上の専門家のPR業務を手がけてきた。

「『PR会社って何?』と聞かれることも、まだあります。業界の認知度をもっと高めていきたいですね」と力を込める玉木は1976年、大阪府豊中市で生まれたが、電機メーカーに勤めていた父親の仕事の都合で、生後わずか2カ月で独ハンブルクへ。

 その後、1歳から6歳半ごろまで英マンチェスターで過ごした。

「豊中に戻って地元の小学校に転入した時は、カルチャーショックをかなり覚えました。当時のマンチェスターでは日本人の姿はまず見かけませんでしたし、今のネット時代と違って、日本の情報も手に入らなかった。もちろん友達と話す時は英語。帰国して初めて、自分が日本人であることに気づいたというか……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る