総額表示義務化に年金引き下げ…4月から変わる制度と価格

公開日: 更新日:

 4月1日から暮らしに関わる制度や価格が変わる。商品やサービスの値札などに消費税込みの価格を示す「総額表示」が義務化される。

 これに合わせて外食チェーンではうどんやハンバーガーを値上げする動きがあり、公的年金の支給額は引き下げられる。新型コロナウイルス感染拡大の収束が見えない中、家計には厳しい春となりそうだ。

 総額表示は、本体価格100円、消費税率10%の場合、「100円+税」といった税抜き表示を認める特例が31日に期限を迎える。4月からは110円の表示が義務になるが、「100円(税込み110円)」など税込み価格を明瞭に表示すれば税抜きの併記も可能だ。

 総額表示の義務化に合わせ、うどんチェーンの丸亀製麺は一部の商品を税込みで10~30円値上げ。「モスバーガー」を展開するモスフードサービスも主力商品を税込みで20~30円引き上げ、店内飲食と持ち帰りの価格を統一する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る