横山光昭
著者のコラム一覧
横山光昭家計再生コンサルタント

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー。借金したり貯金ができない家計の弱点を探り、確実な再生計画を見いだすプロ。これまで約1万5000人以上の家計再生を手がけた。

「70歳就業法」が4月スタート 老後生活を見直すポイントは

公開日: 更新日:

 今年4月から、「70歳就業法」が施行されます。これは「労働者が70歳まで働けることを企業が努力する義務がある」というもの。定年を70歳にする、70歳まで再雇用する、業務委託として雇うなどで、働くことができる可能性が高くなります。

 収入は現役時より下がる可能性がありますし、努力義務であり「義務」ではないので必ず働けるという保証はありませんが、この法改正を歓迎する人も多いことでしょう。

 厚生年金に加入できる働き方をすると、掛け金も70歳まで支払えるので年金受給額が増やせます。ですが、ボケッとしていたら、いつまで働けたとしても「老後資金がない」と焦ってしまう時期が来てしまいます。働いて収入を得ることができるうちに、しっかりとお金を貯めましょう。

 お金を貯めるには、「収入を得る」「支出をコントロールする」「(すぐ使わないお金を)運用する」の3つの方法があります。今回の法改正では「収入を得る」部分がカバーされることになります。いくら収入があっても、使ってしまったら貯まりません。長く働けることで、老後の見通しが明るくなったと思うのなら、支出の見直しもしてみましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

もっと見る