佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

住軽アルミ建設強行で勃発した「住友角福戦争」の愚かさ

公開日: 更新日:

 1982年に解散した住軽アルミのことを語りたい。とりわけ、この国では「資本の論理」の外で、会社がつくられたり、消えたりすることがあるからである。

 住友グループに”住友の飛車と角”といわれたライバルがいた。住友金属工業の会長となった日向方斉と住友化学会長だった長谷川周重である。のちに住金は新日本製鉄に合併され、新日鉄は日本製鉄に名を改めて、住金もまたなくなった。

 日向は1973年に、同じ住友グループに住友化学系の住友アルミがあるのに、精錬から圧延までの一貫生産体制をとるとして、あえて子会社の住友軽金属に住軽アルミをつくらせ、山形県酒田市に工場を建設した。

 しかし、電力を食うアルミは採算が合わず、10年で撤退せざるをえなくなる。

 住友のリーダーを争う長谷川の住化からは原料を買いたくないという子どもじみた理由で日向は住軽アルミ建設を強行した。そして創業開始からわずか5年の1982年に撤退を決める。

 そのころ私は経済誌をやめてフリーになったばかりだったが、郷里ということもあり、『朝日ジャーナル』に日向の責任を問う一文を書いた。書き出しは流行歌の一節を引いて、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

  2. 2
    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

  3. 3
    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

  4. 4
    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

  5. 5
    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

  1. 6
    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

  2. 7
    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

  3. 8
    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

  4. 9
    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

  5. 10
    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた

    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた