佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

“夢見る人”山田光成は「ラムネ屋」と侮蔑されていた月賦販売を切り開いた

公開日: 更新日:

『日本経済新聞』の人気シリーズ「私の履歴書」に日本信販の会長だった山田光成が登場したのは1986年である。

 山田のことは城山三郎が『風運に乗る』(角川文庫)と題して小説化し、私は『夕刊フジ』に連載した「実と虚のドラマーー 経済小説にみる企業と人間」で山田と城山に会って、以来、何度か3人で会う機会を得た。そして、山田から「私の履歴書」のリライトを要請される。『日経』の担当者もいることだしと渋っていたら、折悪しく山田の夫人が亡くなり、山田を元気づけるために依頼を引き受けることにした。

 ヘレン・ケラーと山田の出会いから始めたが、山田は信用販売事業を三和銀行に乗っ取られるところから始めたいと言った。押し問答の末、私の主張を通したが、山田の死後まもなく、日本信販は三和に吸収され、三和が三菱銀行と合併して、いまはわずかにニコスの名だけが残っている。「私の履歴書」掲載からだけでも40年足らず。企業の寿命ということを考えざるをえない。

「大ドリーマー(夢見る人)」といわれた山田は、他の誰もが不可能と思ってあきらめるような夢を見つづけてきた。いまでこそ、消費者ローンは一大マーケットに成長したが、戦後まもなく、山田が動き出した時、まともに相手にしてくれる人は皆無に近かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外