佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

投信を扱わない宣言をした北洋銀行・武井正直の言い分

公開日: 更新日:

 4月16日付の『日刊ゲンダイ』に北海道経済同友会の代表幹事となった丸谷智保の記事が取り上げられている。旧北海道拓殖銀行出身でセコマ(旧セイコーマート)会長の丸谷が新任で、北洋銀行頭取の安田光春が留任し、ツートップ体制をとるという。

 この記事を読みながら、「すごい男」の丸谷が北洋に入って、武井正直の下で働いていたら、と思わずにはいられなかった。

 拓銀が破綻し、それを大きさでは北海道3位の北洋が引き受けることになった時、頭取だった武井は、こう語った。

「人生の決断としては、終戦の時、中国で馬賊になるかと真剣に考えた時の方が厳しかった。今回は命までとられるわけではなかったしね。本当の闘いは、拓銀債権を引き継いでから始まりましたよ」

 拓銀の不良債権をどうするかについて、責任を免れようとする不良企業の不良経営者が不良政治家に頼み、武井にさまざまな圧力をかけたからである。

「財テクをしない経営者は化石人間だ」と放言したのは長谷川慶太郎だが、武井は断固としてバブルに乗っかった融資をやらせなかった。だから、拓銀を引き受けるという奇跡的なことを実現できたのである。武井は長谷川など相手にせず、城山三郎や私と歓談してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

    「自分だけのために使う時間」を増やすコツ

  4. 4
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 5
    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

    部下の女性に睡眠薬飲ませ…自宅タワマンに連れ込み凌辱繰り返した悪徳美容外科医の卑劣

  1. 6
    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

    7.10参院選は岸田自民に逆風…情勢一変で気になる「あの有名比例候補」の当落予想

  2. 7
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  3. 8
    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

    出所後カジノで9億円を失い…大王製紙元会長・井川意高氏が明かす「バカラED」

  4. 9
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  5. 10
    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日

    ヤクルト村上に打撃成績ブッちぎられ…巨人岡本が「年俸&メジャー挑戦」でも逆転される日