SVR長官ナルイシキンは「元スパイ」 “いじられた側近”は大統領候補のひとり

公開日: 更新日:

「ヤー、ヤー」

 プーチン大統領の前で、ロシア語で「私は、私は……」と答えに窮する側近。2月下旬、ウクライナ侵攻開始に先立つ「御前会議」の映像が全世界に流れ、不名誉にも一躍有名となったのは、対外情報局(SVR)のセルゲイ・ナルイシキン長官。にやつく独裁者にいじられ、冷や汗をかくのが「下っぱ」であるなら誰も驚かない。大統領候補に名前が挙がるほどの超エリートだったからこそ、この場面に皆、驚いたのだ。

■西側派遣のKGBエリート

 会議は、最高意思決定機関の安全保障会議。ソ連共産党「政治局」の現代版と言えば、その重要さが伝わるだろうか。開戦3日前の2月21日、普通は非公開なのに、なぜかカメラが入った。議題はウクライナ東部の親ロシア派の独立承認について。この日は、約1時間の異様な大統領演説もあった。

 ツァー(皇帝)となった男が、一人一人に意見を聞くのだが、結論はありき。「踏み絵」を迫られ、皆イエスマンになっている様子は一目瞭然だった。ショイグ国防相の腕時計の針は、映像公開の約5時間前。つまり、編集する時間があるのにあえてノーカットで流すところに、政権の意図が見え隠れする。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか