ロシア外務省幹部「日本の懸念ばかげてる」と一蹴、中国との爆撃機共同飛行で

公開日: 更新日:

 ロシア外務省のザハロワ情報局長は25日、中国とロシアの爆撃機の日本周辺の共同飛行をめぐり、日本政府が重大な懸念を伝達したことについて、「根拠がなく、ばかげている」と一蹴した。

 ザハロワ氏は声明で、中ロの共同飛行は国際法を順守しており、「アジア太平洋と世界の平和と安定の強化」のために行われていると主張。岸田政権が米国や北大西洋条約機構(NATO)加盟国など域外の国々と軍事・政治協力を加速させ、対ロシア国境近くで大規模な合同軍事演習を行っていると非難し「日本の敵対的行為」を注視しており、ロシアは自国の防衛力を強化して対応する権利があると牽制した。

ロシア大使「第2次大戦で日本はナチと組んで破局」

 ロシアのガルージン駐日大使は25日、ロシア軍のウクライナ侵攻を巡り、広島市が今年、毎年8月6日に行われる平和記念式典にロシアやベラルーシの代表を招待しないと明らかにしたことについて「自称反核運動の指導者」による「恥ずべき措置」と、通信アプリ「テレグラム」で怒りを爆発させた。

 大使は、ロシアはウクライナで「非ナチ化」を進めていると強弁。第2次大戦での日本とナチスドイツの同盟を引き合いに出し、「まさに、そのことが1945年に日本という国全体を襲った破局の原因の一つ」と主張している。

 そんなことを言っているようでは、来年も招待されそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?