都市部でも増加する「空き家」 再生のカギとは…横浜の不動産会社社長が語る今後の課題

公開日: 更新日:

 少子高齢化が進む中、都市部でも無関係でないのが空き家問題だ。

 JR京浜東北線・新子安駅から徒歩13分ほどの高台にある横浜市神奈川区子安台。古くからの住宅地である子安台は、ファミリータイプのマンションが立ち並ぶ駅周辺とは異なり、住民の年齢層は高い。このエリアにある空き家が今、再生に向けて動き出している。

 残り7年の借地権が設定された40平方メートルの敷地に立つ民家は、すでに築50年以上が経過。しかもクルマが進入できない道路に面する“難物件”。この物件の相談が持ち込まれた不動産会社「リライト」(横浜市)社長の田中裕治さんはこう言う。

「地元不動産会社が処分を請け負ったものの買い手が見つからず、こちらで買い取ることに。ただ、特に用途がなかったので地域のためになればと無償で貸し出すことにしました」

 老朽化が激しく、リノベーションに1000万円ほどかかることが判明。

 だが、その頃募集していたのが、市民から寄せられた町づくりのアイデアに最大で500万円助成する市の「令和2年度ヨコハマ市民まち普請事業」。運よくこの審査に通過し全面改装を実施。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?