日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オバマの曖昧なメッセージがアジアをますます不安定にする

 オバマ米大統領の今回のアジア歴訪は「アジア重視の旅」と呼ばれた。第2期オバマ政権の外交政策の基調は「リバランス」、つまり西方での戦争に傾きすぎた米国が再びバランスを取り直して、「ピボット・トゥー・アジア」、つまりアジアに軸足を移すことにあり、それを実際に各国を回ってデモンストレーションすることが主な目的とされた。
「しかし、アジア重視はいいとして、経済と安保のどちらの面に力を入れるのか。また、それを通じて台頭する中国を抑え込もうとするのか新しい秩序に引き込もうとするのか、メッセージが曖昧だった」と、ある元外交官は指摘する。

 確かにそうで、東京でオバマは、安倍晋三首相の懇願を入れて「尖閣は安保の適用範囲」と明言。安倍の中国包囲網戦略を応援するかのような態度をとりながら、記者会見では「私が強調したのは平和的に解決することの重要性だ。言葉による挑発を避け、日中が協力していけるようにすべきだ。米国は中国と非常に緊密な関係を保っており、中国の平和的台頭を米国も支持している」と述べた。その言葉が本心ならば、安倍の「日中両軍が組んで中国と戦争をするんだ」と言わんばかりの冷戦妄想を煽(あお)るようなことは慎むべきではなかったか。また、本当に中国の台頭を支持するのなら、最初から中国を除外したTPPで経済面から中国包囲網をつくろうとするかの政策は改めたらどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事