オバマの曖昧なメッセージがアジアをますます不安定にする

公開日: 更新日:

 オバマ米大統領の今回のアジア歴訪は「アジア重視の旅」と呼ばれた。第2期オバマ政権の外交政策の基調は「リバランス」、つまり西方での戦争に傾きすぎた米国が再びバランスを取り直して、「ピボット・トゥー・アジア」、つまりアジアに軸足を移すことにあり、それを実際に各国を回ってデモンストレーションすることが主な目的とされた。
「しかし、アジア重視はいいとして、経済と安保のどちらの面に力を入れるのか。また、それを通じて台頭する中国を抑え込もうとするのか新しい秩序に引き込もうとするのか、メッセージが曖昧だった」と、ある元外交官は指摘する。

 確かにそうで、東京でオバマは、安倍晋三首相の懇願を入れて「尖閣は安保の適用範囲」と明言。安倍の中国包囲網戦略を応援するかのような態度をとりながら、記者会見では「私が強調したのは平和的に解決することの重要性だ。言葉による挑発を避け、日中が協力していけるようにすべきだ。米国は中国と非常に緊密な関係を保っており、中国の平和的台頭を米国も支持している」と述べた。その言葉が本心ならば、安倍の「日中両軍が組んで中国と戦争をするんだ」と言わんばかりの冷戦妄想を煽(あお)るようなことは慎むべきではなかったか。また、本当に中国の台頭を支持するのなら、最初から中国を除外したTPPで経済面から中国包囲網をつくろうとするかの政策は改めたらどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る