物価上昇タレ流すメディアと安倍政権の“私欲”に苦しむ庶民

公開日:  更新日:

 総務省が25日発表した6月の全国消費者物価指数。価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数は前年同月比3・3%の高い伸びで、13カ月連続の上昇となった。デフレといわれたのも遠い昔? もう1年以上、物価上昇が続いていることになるが、大新聞やテレビはサラリとした扱いだった。

 黒田日銀が目標にする「2年で2%の物価上昇」の期限が来春だから、安倍政権“応援団”の大メディアは大ごとにせずタレ流すだけだが、庶民にとってはたまったもんじゃない。上昇率が高いのは、ガソリン代の10・6%や電気代の9・9%、都市ガス代の7・4%。家電も大幅高になっていて、エアコンなどが8・5%、テレビやパソコンは8・0%の上昇で、まさに庶民生活を直撃する物価高なのである。

「4月以降の指数には消費増税分が含まれます。日銀の試算では増税による物価押し上げ効果は2・0%。つまり増税分を除いても6月の物価は1・3%も上昇していることになります。円安で相変わらずエネルギー価格は高い。個人だけでなく企業も含め、コスト高に苦しんでいる状態です」(金融関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る